剣道 「小手打ち」の技・テクニックのコツ・ポイント 1

「剣道 「小手打ち」の技・テクニックのコツ・ポイント 1」のまとめです。

小手打ちのコツは3つあります。
①攻め
②間合い
③手首のスナップです。

まずは攻めですがこれが出きるかどうかで小手打ちが決まるかどうか決まります。
攻めの方法は2つです。
面を打つように仕向けて相手を誘い出す、こちらからしつこいぐらい小手下をグイグイ攻めて手元を上げさせる二通りです。

次に間合いですがこれは人それぞれ若干の違いはありますが自分が小手を打ちやすい間合いがあります。
一般的には小手面を打つときの間合いを参考にしてややその間合いより半歩遠間が理想ですかね。
なぜかと言うと打突後に抜けて残心も取れるし、相小手面に変化できるためです。

最後に手首のスナップというのは最小限の動作から刺し面の要領で打つためです。
小手は振りが大きいと話になりません。
速く鋭く打てないと意味がありませんからね。

意外と難しいのが小手なんです。
ですが1番1本になりやすいのも小手なんです。
使えるようになったら剣道の幅が広がりますよ。

基本的にコテは面うちの手元を下げただけです。
竹刀があるから横から打とうとするとうまく打てません。
練習をするなら元立ちに手元を少し下げてもらい、上からコテを乗せる稽古をされるといいでしょう。
勿論、鞭を振るうように手首を返し、すぐに正中線に戻すよう心がけてください。
そこから、もうひと踏ん張りするときれいなコテ面が打てるようになります。
おためしあれ。