極真空手・フルコン空手 「膝蹴り」の技・テクニックのコツ・ポイント(2015・2016年版) 1

「極真空手・フルコン空手 「膝蹴り」の技・テクニックのコツ・ポイント(2015・2016年版) 1」のまとめです。

抱え込んで、前に刺すように蹴りましょう。
それが出来るようになったら、両足で踏み切って同じ軌道で蹴ります。
ダメなのが、上に蹴り上げてしまような膝蹴りですね。
あれは全然効かない。

左中段膝を生かすって感じなら。

右下段 → 相手のサイドに入りながら → 右ボディフック → 左中段膝 →

→ 相手の頭を下げさせて → 左上段膝 が良いと思います。

これは左右反対で右中段膝でもできますし、左ボディフックがレバー打ちになるので、個人的には左ロー レバー打ち 右中段膝 右上段膝の方が威力はあると思います。

膝蹴りの得意な正道会館の後川選手の得意なコンビです。

相手と一瞬お見合いになった時に構えをスイッチしてからの上下段回し蹴りと踏み込み左膝蹴りの3択攻撃がよい思います。

つかみ、ひっかけ無しからの膝蹴りってなかなか打つ事が難しいので、これをお勧めしてみます。

下突きを出すくらいのすごく近い距離で足だけ持ち上げるみたいな感じで出すと金的に当たって反則負けします。

下からすり上げる感じではなく、お尻を引きながら膝を持ち上げて、腹の位置まで膝が来たら腰を突きだす感じで膝蹴りをすれば金的に当たる事はほとんどないです。

それに下から持ち上げて蹴る膝蹴りよりも威力もあります。イメージ的には前蹴りに近いです。

下からすり上げて膝蹴りが蹴りたいなら水月ではなくアゴを狙うようにしましょう。
そしたら金的にはならないと思います。

フルコン空手の膝蹴りで一番よく決まるのは
接近戦でのアゴへの飛び膝蹴りです。

通常の中段への膝蹴りが一番上手いのはムエタイです。
空手では相手の首を掴む首相撲は禁止ですが
ムエタイ選手は離れていての膝蹴りも上手いです。

特に強過ぎて対戦相手がいなくなり賭けが成立しなくて引退した
ムエタイ史上最強と言われる「天を衝く膝」ディーゼル・ノイの
膝蹴りは芸術的です。

上半身の使い方がポイントです。
前傾し続けるのが大切です。
前傾し続けて膝を前へ出すとディーゼルノイの膝蹴りになります。
これは体の柔軟性が必要です。

上半身が立ってしまうと膝への力が
前へ出ずに上へ逃げます。