極真空手・フルコン空手 「前蹴り」の技・テクニックのコツ・ポイント(2015・2016年版) 1

「極真空手・フルコン空手 「前蹴り」の技・テクニックのコツ・ポイント(2015・2016年版) 1 」のまとめです。

前蹴りには2種類有ります。

普通の前蹴りは膝を腰の高さまで上げて脛を伸ばして蹴ります。
蹴られた相手は体が浮き上がります。
これでは大したダメージは与えられません。

もう一つは相手をKO出来る前蹴りです。
膝を胸に着くぐらい引き上げます。
そこから上足底(足指の付け根)で相手のミゾオチを
真っ直ぐに蹴ります。
蹴られた相手は尻もちを着きます。

前蹴りの名手と呼ばれた人は
ほとんどがこの蹴り方です。

自分の前に腰の高さの物を置いたり
ロープを張って練習すると良いですよ。

前後開脚も必要ですが、足を高く上げるのに必要な筋力をつけるトレーニングも必要です。一番良いのは連続での蹴上げ。足首に鉛のベルトを巻いたり、鉄下駄を履いて負荷をかけて蹴上げをするとなお良いですよ。

前蹴りの上手な人ってわりと少ないです。

フルコンでは特に少ないのでは?とも思います。前蹴りの上手な人とスパーをすると突きにカウンターで合わせてくるのでやりにくいです。

また前蹴りの上手な人は相手との間合いを上手くコントロールしやすいので、すごく良い武器になると思います。

それに自分よりも大きい人とやる時も前蹴りで先手を取りやすいですし、体格で押され負ける事もないです。

ダンベルを持って屈伸前蹴りをやってたらキック力は上がりました。
大殿筋は接近戦での押し合いの時にもあると有利なので、
鍛えていて損はないです。

屈伸前蹴りって練習でやってます?
スクワットしながら、交互に前蹴りを素早く出すんです。
膝を上げつつカカトをお尻に近づけることを意識すると
蹴りがへにゃんとならずに鋭くなると思います。
普通のスクワットよりきついので
足腰を鍛えるのにいいです。
屈伸前蹴りが100回ぐらい余裕でできるのであれば
ダンベルを持つなどして負荷を上げてください。

まず十分に抱え足を取る、つまりひざを曲げて、蹴る前に膝を十分上げることです。これが十分でないと、蹴る力が前ではなく、上に逃げてしまいます。
十分膝を抱え込んでから、床と平行に前へ足を出すことです。

蹴った瞬間、腰が入っていないと非常に弱い蹴りになります。
蹴った足のお尻を太ももの方へ出す感覚で、同時に腰も前へ出す感覚、つまり重心を前に出すことです。それをしないと体重が全く乗らないので、触るような蹴りになってしまいます。

最初は低くてもかまわないので、十分に膝を伸ばして蹴ることを重視してください。柔軟と足上げを毎日やって、その状態で徐々に足が上がるようにすればよいと思います。